2006年10月2日、男の子を出産☆ただいま育児にがんばっている新米ママの日記。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.10.14 Tuesday | - | - | - |
びっくりした話
今朝も公園を30分ほど散歩しました。私が歩く時間帯はゲートボールしてるおじいちゃんおばあちゃんや、ウォーキングしてるおばちゃん、犬の散歩をしてる人など結構人がいます犬
よく「いつですか〜?」とかって話し掛けられるんですが、今日はでっかいドーベルマン犬を散歩させてるおばちゃんから話し掛けられました。

「もう予定日1週間すぎたんですよ〜」
「でもあんまり下がってないみたいね。下がってくると早いんだけどね〜」
など話していると、そのおばちゃんが
「私は3人産んだんだけどみんな予定日よりおくれたよ〜。一人目とか1ヶ月遅れたからね〜」

えぇ?!1ヶ月?!

聞き間違いかと思いましたが、本当に1ヶ月遅れたそうですびっくり予定日が間違ってたんじゃないかって思ったらしいのですが赤ちゃんも十分大きく間違いではなかったらしいです。先生が「帝王切開とかせずに自然に産みましょう」派だったらしく、誘発剤もやってみたらしいのですが効かず、結局1ヶ月遅れで破水して普通分娩で産んだそうですびっくり赤ちゃんは3500グラムあったらしく、「大変だったけど元気に育って今25歳になった」(私と同い年!)と言ってありましたよつばのクローバー

いろんな出産があるんだなぁと本当にびっくりのお話でしたモゴモゴ
2006.09.29 Friday 09:59 | マタニティ | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
2008.10.14 Tuesday 09:59 | - | - | - |
色んな出産がありますよね。
ホント人それぞれです(^-^)

今回のお産、次回弟か妹のお産、それでも違うみたいです。
今のお腹の中の子が産まれるという人生の一大イベント。
個性はあるかもしれないけど、暖かく見守りたいですね♪

自然が本当は一番ですσ( ̄∇ ̄;)
| paraya | 2006/09/29 10:42 AM |

凄いですね〜!! 1ヵ月も遅れる方もいるなんてビックリしました(☆o☆)1ヵ月も遅れるなら本当大変そぅ〜(^o^; 人それぞれ色んなパターンがあるんですね〜(^-^)
| えつこ | 2006/09/29 2:56 PM |

parayaさん>
ホント出産って人それぞれなんだなぁって思いました。さっきも散歩に行ったらおばちゃんに話し掛けられて、「私は2人めを4000グラムで産んだわよ〜」って言われました(>o<)
「人生の一大イベント」あかちゃんと2人でがんばらないと!!

えつこさん>
1ヶ月遅れにはホントびっくりです(^o^;)いろんな出産エピソードがあっておもしろいですね!母は強し!だな〜って思います。
| ゆり | 2006/09/29 6:26 PM |

1ヶ月も遅れたのに3500gで済んだことに驚きです!
私はきっちり予定日でも3500いきそうなんだもん・・・。
でも時期やグラムじゃなく、生まれるべきときに生まれるのかもって思いました。

とにかく自然でも帝王切開でも誘発剤使っても、赤ちゃんが無事元気に生まれてくれればいいですよね☆
| sati | 2006/09/29 6:50 PM |

誘発剤ってきくと少し緊張というか、ドキドキしてしまいますね・・。でもストレスが溜まるよりいいかもしれませんよ。(経験した事がないので適当でスミマセン)
ちなみにゆりサンの赤ちゃんは推定体重どれくらいなんですか?私は約3100gで出産しましたが、病院で見た赤ちゃんは大体2500〜2900g代の赤ちゃんが多かった印象が。あ、でも一人4000gの赤ちゃんがいました!!さすがに大きかったです。
でも十分お腹の中にいる事が赤ちゃんにとって大事な事なので、ゆりサンの赤ちゃんはきっと立派に健康な子間違いなしですよ!!
| なめりん | 2006/09/29 6:58 PM |

satiさん>
確かに1ヶ月も遅れたらめちゃくちゃ大きくなってそうですよね(>o<)
赤ちゃん大きいと産む時の怖さがあるけど、その後が楽みたいなので(
オムツ替えたりする時とか)案外よかったりするかもしれませんよ♪元気に産まれてくれるのが一番ですね!

なめりんさん>
赤ちゃんの推定体重は3200〜3300グラムみたいです(>o<)でも結構誤差があるって聞いてるんでもうちょい小さい事を期待してます(^o^;)誘発剤は私もドキドキしますが、赤ちゃんが元気に産まれてくれるのであれば何でもしよう!!って感じです(^_^)
| ゆり | 2006/09/29 7:08 PM |










http://yurimama.jugem.jp/trackback/111

このページの先頭へ